ビルの管理の必要性と方法|賃貸オフィスは目を疑うほどのメリットが盛沢山

賃貸オフィスは目を疑うほどのメリットが盛沢山

女性

ビルの管理の必要性と方法

電話

管理の必要性

東京には、色々なビルが建っています。大規模な複合施設のビル、百貨店のビル、駅ビル、タワーマンション等です。これらのビルについては、ハード(建物)の側面及びソフト(人的)の側面から、ビル管理を適正に行う必要があります。ハードの側面の必要性としましては、ビルの経年劣化に対する対応になります。ビルは日光の紫外線、風雨にさらされていますので、外壁は汚れ、クラック等が月日とともに目立ってきます。また、目には見えない配管類も腐食が進行します。エレベーターなどは法的な点検が義務づけられています。ソフトの面から見ますと、不審者の排除、出退管理、セキュリティ対策等の必要性があります。殊に、東京には色々な人たちが寄せ集まっていますので、なおさらのこと、適正なビル管理が求められます。

具体的な方法

ビル管理の方法といたしましては、通常ビルのオーナーがビル管理会社とビル管理に関する契約を交わします。ハード面はビル管理会社に、ソフト面は警備会社と契約していることが通例です。東京にはたくさんのビル管理会社や警備会社がありますが、管理会社の系列・提携会社と契約する場合と入札により契約する場合があります。「東京ビル管理会社」と検索すると、たくさんの会社が出てきますので、会社の規模、契約実績を考慮して決定することも一つの方法です。警備会社の場合には、東京都の火災予防条例にて、防災センターに勤務する人には一定の資格が義務づけられていますので、必要な資格者がいるのかを確かめる必要があります。ビル管理会社及び警備会社が決定したなら、契約の内容に応じて、ハード面では、清掃・点検等を行い、ソフト面では、入室管理・巡回等の管理業務を行うこととなります。

Copyright© 2016 賃貸オフィスは目を疑うほどのメリットが盛沢山 All Rights Reserved.